仕事への適正の違い

上司が女性で上手く付き合えない男性。

また、男性部下とどのように接していいか解らないという女性。

女性の社会進出が増えてくるにつれて、こういった悩みも増えているようです。

男性からみた女性、女性からみた男性

男性が女性に感じる印象は、
「すぐ感情的になる」「気分屋である」といったものから、「周りの意見を効かない」「独りよがりで、口答えするとすぐヒステリーを起こす」などといったものが多いです。

会話のスレ違い

また女性が男性に感じる印象は、
「思っていることをくみ取ってもらえない」「女性だからというだけで、どこか対等に見られていない感じがする」というようなものが多いようです。

実は、これらは全て女性特有の脳の作りが問題しています。

女性は男性に比べて、感情を左右されやすい生き物ものです。

さらに脳梁が太い為、細かなことまで目がいきます。

これは男性だけでは目が届かなかった視点に事前に目が行くためビジネスの基本である顧客満足につながるという長所につながります。

しかしその反面、細かなことをイチイチ突っ込んだり、人間関係にとても敏感なので
「この人と話すの、面倒くさいな~」
と感じられるという短所にもなります。

さらにこの脳梁が太いという脳の作りの違いは、今ある状況を判断する能力は長けているのですが、長い将来を見据えてのプランを考えることには不向きという特性につながります。

その為女性は、一年後の100万円より、目先の10万円を取るというような傾向が多くみられるのです。

これは、男性と女性のもともとの脳の作りの違いですから、治そうと思って治るものではありません。

ですから、適材適所という言葉のあるとおり、各自にあった仕事をしたり、こういった特徴があるということを理解して付き合うことが必要になります。

一般的には、女性は仕草や表情で相手の感情を読み取ったり、今ある問題を解決する能力に長けています。

一方男性は、長期的プランの計画を立てたり、論理立てて説明する能力に長けています。

どちらが優秀でどちらが劣っているという価値観ではなく、お互いの長所を引き出しあうような努力をすることが、仕事を効率よく、なおかつ社内のコミュニケーションを円滑に行う秘訣になるでしょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP