会話表現の違い

男性と女性の会話の大きな違いは、その会話の表現にあるのではないでしょうか?

一般的に男性は直接的表現をし、女性は間接的(抽象的)な表現をします。

なので、女性は男性の表現を聞いて「デリカシーが無い!」とか、「言い方がキツイ…」と感じることが多い傾向にあります。

逆に男性は女性の話を聴いても「で、結局何がいいたいの??」とか、「YESかNOかよくわらかない…」と曖昧な会話の内容にイライラしたり、答えがわからずと惑うことが多いようです。

男女の違い

会話で重要視することの違い

これも男女の脳の作りにの違いによるものなんです。男性は、言葉を交わす際の最重要事項が、連絡事項を正確かつ適切に伝えることが目的です。

それができれば出来るほど優秀であると判断されます。

一方女性にとって、会話とは、コミュニケーションの大切なツールです。

大切なのはその人と調和すること、つまり相手の機嫌を損ねないことが重要になります。そのため相手の表情をこまめに確認したり
傷つけないような表現を考えながら話します。

その為、男性は相手がどう考えるかよりも、事実はこうであった、もしくは自分の考えはこうであるということを最短距離で伝えようとすします。

それが女性からみると、デリカシーがなかったり、キツイ言い方に感じるわけです。

一方男性は、女性がこちらの気持ちを考えて間接的にしている表現を、結局何がいいたいかわからない、と感じてしまいます。

典型的な例が、女性をデートに誘った時の
「今度、機会があれば是非…」
とか
「今度また、誘って下さいね♪」
といった表現です。

このとき、女性が断り文句で使っているのであれば、案に表情や声のトーンが下がっていることからそれが分かります。

しかし男性の脳は、ことそれを判別する能力は女性よりも低いので、実際に言われた「今度誘って下さい!」という言葉を文字通り捉えてしまうのです。

こういった会話の価値観を完全に埋めるのは不可能ですが、対策を立てることは可能です。

男性は女性に意見を求める際に、たとえ同じ内容であっても柔らかい表現を使うように意識することが有効でしょう。

女性は男性の言い方が「キツイ」と感じても、表現や言葉の選び方ではなく真意を読み取ることに集中するようにすれば、イライラを軽減することができるはずです。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP