こんなカラオケはNG

合コンの2次会の定番といえば、カラオケが多いのではないでしょうか。

ここでは、異性に引かれるカラオケでの失敗例をいくつか挙げておきます。

身に覚えのある項目があったら今すぐ改めましょう。
合コンは加点法ではなく減点法で勝負が決まります。

せっかく一次会でいい印象をもっていい感じで進んでも、ここで失敗すると一次会での評価も水の泡になってしまいますので、気をつけて下さいね。

男性にありがちなNGパターン

まず男性編、もっとも多いのが、自分の世界に入ってしまう勘違いナルシスト系カラオケ…。

カラオケ

これは歌の上手い、もしくは歌が上手いと思ってしまっている人に多いパターンですね。

これ見よがしのバラードや、ビジュアル系張りの目力をいれてビブラートを効かせて歌うのは、ほぼ初対面の異性に対して行うものではないですね。

このパターンのまずいのは、集中して画面を見ているためか、それが場の雰囲気を冷めさせていることに気付いてないことが多いこと、合コンの2次会はコンサートではなく、楽しむためのツールとしてカラオケがあることを理解して下さい。

女性からは、周りとの協調性や場の空気を読む洞察力が試されているですよ~。

その為、マニアックなアニメソング、認知度の少ない洋楽やメタル系など好みの分かれるジャンルもここでは避けるのべきです。

女性に必要なのは「気遣い」

次に女性編ですが、大切なのは男性同様周りの雰囲気に合わせること、また、男性との年齢に差がある場合なら、曲の年代にきも気を使うことです。

それと、女性の場合はそこでの合いの手や男性の歌に対しての感想のほうが大切になってきます。

多くの男性は上手い下手に関わらず自分の歌に対してリアクションを示す女性に対して良い印象を持ちます。

気にいった異性がいる場合は、歌が上手であれば、それを褒めたり、お世辞にも上手とはいえなければ、選曲を褒めるなどといったものでもいいです。

何からしらのリアクションを示してあげれば、相手もあなたに対していいイメージをもってくれますよ。

以上を参考にして、意中の相手によいイメージをもってもらいましょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP